皮膚科での治療

女性の爪水虫市販薬は塗り薬のDr.G'sクリアネイルが最適

水虫や爪水虫は皮膚科で治療

水虫といえばきっとほとんどの人が知ってると思いますが、爪水虫はまだまだマイナーなんでしょうか。今だと10人に1人が爪水虫にかかっていると言われるくらい珍しくない病気にはなったみたいですけど、やっぱり知らない人も多いんでしょうかね。

ちなみにこの爪水虫、水虫と同じ白癬菌が原因とされていて、爪水虫の人は水虫にも間違いなくなってるって話です。この白癬菌がどこをどうやってか不明ですが、爪に繁殖してしまうと爪水虫と呼ばれます。白っぽく爪が濁ったり、その爪だけが分厚くなったり、ボロボロと欠けてしまったりというのが主な特徴になるそうです。

爪も皮膚の一部ですから、治療はもちろん水虫同様、皮膚科で行うことになります。ただ、通常の水虫と違って、爪そのものが侵されてしまう病気ですから、治療の期間は水虫以上にかなり長くなってしまいます。

それがネックで治療を途中で投げ出してしまう人も多いとか…。

でも、途中で治療を投げ出してしまうと、完治は絶対にしませんので、なんとか最後までやり遂げることが重要になります。なんか変だなぁと思ったら、家族や身近な人達にうつしてしまう前に皮膚科をとりあえず受診してみましょう。あくまで水虫も爪水虫も感染症ですから。

HOME - レーザー治療について - 皮膚科について - 治療費について